熊本浩志

2014年03月25日

「競争」ではなく「共創」という破壊力


あ〜、3連休が終わっちまうな〜


と思って、フジテレビの「全力教室」の最終回見てたら
チームラボの猪子さんが出てた。

20140323_113000001

いつもの雰囲気だけど、すごくよかった、

今までの発明は、物理的な現象に対するもの。
しかし、デジタルは、
想いを実現できるようになるという発明。


いつになく真面目な(笑)猪子さんの想いに
すごく感動したのでした。

で、猪子さん率いるチームラボが作ってる
「未来の遊園地」というプロジェクト。
昨年の11月、沖縄で一緒に企画させてもらって
大成功した
のですが、
このテーマは「共創」でした。

一人ではなく、自然と皆がつながって起こる「いいこと」。
それがデジタル時代の未来だと。
今日のテレビでも、さかんに猪子さんが言ってました。

近頃、かなり僕のアンテナにひっかかる「共創」というワード。


で、今回は他で感じた「共創」について書きます。
みなさん、突然ですが、
クラウドファンディングってご存知ですか?

これは何かというと、
早い話が、あなたがやりたいプロジェクトを、
ネット上で発表し、それに対して必要な資金を設定して、
世界中から「投資」をつのるという仕組みです。
こうした、専門のサイトがいくつかあります。

これが話題になるきっかけとなったのが
アメリカの「Kickstarter」で発表された
スマートウォッチ「Pebble」のプロジェクト。
pebble-watch
スマートフォンのアプリに対応し、
デザインにも優れたスマートウォッチを作る為に、
当初、日本円で1000万円必要です!
と言って始まったこのプロジェクトは、
なんと、最終的に「10億円」を集めたことで
大ニュースとなりました。

そうです。
今までとは、全く違う、全く考えられなかった
「資金調達方法」ですよね。

で、先日から、友人の一人がプロジェクトを
立ち上げました。
その人とは、デザイン家電「amadana」を創業し、
ドコモで「amadanaケータイ」を100万台売った
熊本浩志さん。

KUMAMOTO-GQ

写真は雑誌「GQ」より。


そして、
このデザインとエレクトロニクスの融合をなし得た男が
満を持して発表したプロジェクトが、なんと!!

”草野球バッグ”

は?

って感じですよ。
なんで、草野球?って。
もう、びっくりですよ。笑

BAGINOVATION

◆MAKUAKE
https://www.makuake.com/project/urbanstylebb/


けど、このプロジェクトは、僕に、
もの凄く多くのことを
感じさせてくれました。


熊本さんが大好きな「野球」。
しかも「草野球」
しかも「草野球の人のためのバッグ」

もう、そーとーニッチというか
深くて狭い。


このプロジェクト
50日で、150万円の資金調達を目標に
始まりました。

すると、
2日で150万円の目標達成!
5日で300万円突破して、
今なお継続中で、400万円に届きそうです。

半分遊びだとしても(いや、本気ですが:笑)、
300万円集まる要素は何なのか?

熊本さんに話を聞いたら、
彼は、ここで「共創」という言葉を使ってました。


このクラウドファンディングの仕組みだけを聞くと
事業への「支援」と言うこと出来る。

しかし、この「草野球バッグ」のプロジェクトに
「支援してやろう」では、こんな金は集まらないと思うのです。


では、なんなのか?

「一緒に作るワクワクに金を出している」

これに違いないと思うのです。

後ででもいいので、
この「草野球バッグのイノベーション」と題された
バッグについてのこだわりが、主宰者二人によって
延々と語られているのを読んでみるとわかります。

アホです。笑

たかが、草野球のバッグに、
「わかった!わかった!」というくらいの
こだわりと機能が満載です。

「デザインのいい機能的なバッグ」

こう言ってしまえば、スポーツ品店屋
アウトドアショップでた〜くさん売られている。

しかし、

「デザインと機能性に優れた草野球専用バッグ」

となると、なかなかない。
ここまで、デザインと機能性に優れた
草野球専用のバッグはない。
やってることが「深く狭い」。


けど、こういうところに「熱狂」がおこると熊本さんは言う。


そして、この「アホやな〜」と思いながら
文章を読んでいると、二人のクレイジーぶりが
うらやましくなり、仲間に入りたくなる。
さらには、延々と説明される防水だとか
過剰な収納機能だとか言われると、
「草野球専用だ!」って言われてるのに、

うっすらと自分の中に、

「サーフィンに使えんじゃね?」とか
「キャンプに行く時かっこええやん!」とか
勝手にカテゴリーを拡げているのがわかる。

二人の「熱狂」に端を発する
想いの「波及」である。



こうなると、一緒に創る・・・

マスマーケティングではなく
「共創マーケティング」のリアルを
かいま見る事が出来る気がする。


ネットでなんでもつながり始める。
人間は本来「つながっていたい生き物」だと
猪子さんが言っていた。
だから、つながれるネットやデジタルは
人間を、最期は幸せにすると。

とすれば、人間が大好きな、
「つながれる最強ツール(スマホやPC)」を手にしていけば、
「欲しいの思い方」というか、

我々で言う「マーケティング」が変わるのも
当たり前かもしれませんね。

・・・・という御託を読んだあとに
再度どうぞ!


草野球バッグのイノベーションを(笑)。





















cromagnon69 at 03:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2010年04月01日

成功する人の「狂い方」は、こんな感じ。


桜は満開


日本人が日本人でよかったと思うこの季節。
花粉症も、そんなに出ないし、
気持ちがいい季節です。寒いけど。


全サラリーマンランキング。
4300ブログ中、未だ15位!
ベスト10に入りたいです!
今回も是非、クリックお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  


さて、


知人が本を出しました。

そして、献本いただきました。


その方は、
ニッポンのデザイン家電ブランド「amadana」を
主宰する、リアルフリート社の社長:熊本浩志さん

5-1_large_detail_pc











これは、このブログでも、さんざん紹介した
ポケットビデオカメラ「SAL(サル)」


日本の「ダセェ」家電製品の掟に一石を投じた
熊本さんが本を出すってことは、
「アマダナ・ブランディング」の成功物語でしょう。

さしあたり、

「アンチテーゼ・ブランディング」
〜amadanaに見るブランディングの極意〜

的な内容の本なんだろうな〜
って思っていたら・・・・・


これです。







kusayakyu




















草野球本!
しかも、古田さん推薦!



この意表のつき方は、本気でビビりました。

「ヂカギキ」とかでお逢いしてた時も、
「野球狂」であることは聞いてましたが、
最初に出した本が、草野球本とは!

これが、また熊本節満載で、最高です。

国民の中に、
これほど野球評論家がいる国は
日本しか無い!
と喝破する筆者。

WBCの時は、20代OLですら

「なんでダルビッシュかえないの?」

などと、野球歴40年くらいの論説をする姿が
日本中で見られたと。


「アホ!ここはスライダーやろ!」


と「誰もわからない結果論」だけで、
おっさん達が、おおいに盛り上がるという、
日本人気質にぴったりあった「野球」は、
「居酒屋的なスポーツ」だと!


冒頭のこうした既述で一気に引き込まれ
それこそ、怒濤のごとく読んでしまいました。

自らが監督をつとめる草野球チーム
「東京バンバータ」(HPマジです)

草野球日本一を目指す。

そう言い切って、週末を野球にかける
彼らの姿は、一種変態(笑)とも見えますが、

そこには、
激熱かつ濃密な時間が流れているのだと。

「いい大人が週末の時間をかける」


という意味を、真っ正面から問い直し、
軟式野球という、奥の深さにつっこんでいくことで、
地位も、金銭的条件も、意識も、体力も違う
大人達が、「草野球日本一」という目標に、

金儲けでもないのに、全力を挙げる!

というクレイジーな状況が
納得いってしまう爽快さを味わえます。



そして、結局、
ビジネスにおけるマネジメントや、
アイディアの共有や、チームの成長や
ブランディングの実際までが、
自分に置き換えて読み薦められるヨカ本でした!


kusayakyu2












著者近影、2つありますが、
熊本っさん、ユニフォームの方がしっくりきとるです。笑



う〜ん。
もう変態ギリギリの草野球にかける姿。

成功するには、
このくらいクレイジーじゃないといかん!
って
思いました!



「たかが草野球」で人生が変わる







「たかが草野球」で人生が変わる

著者:熊本 浩志
販売元:講談社
発売日:2010-03-17
おすすめ度:5.0




<参考>
熊本浩志「色気より電気」
クマモトカントクブログ「色気より球気」
東京バンバータ



cromagnon69 at 00:56|Permalink

2009年08月09日

すごい人に、ヂカに話しを キク。


ありがとうございます!
クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  




福岡県運営のユースカルチャーを世界に発信するwebサイト
「asianbeat 〜アジアンビート」が主催する、

すごい人に「ジカ」に話しを「キク」イベント
ヂカギキ vol.01

大成功でした。
多くの人に喜んでもらえたのがうれしい。

開催の2日前の水曜夕方には
完売し、前日には20名近くの方々を
お断りする位の口コミで、自分でも期待度高し・・・。

で、8月7日開催されました。

プランニングから司会までを
お手伝いさせてもらった僕がいうのもなんですが、
ソートー面白かったです。ソートー。

このブログでも何度も紹介したように
第一回目のすごい人は、
 
kumamoto-smile














孤高のデザイン家電ブランド「amadana」でおなじみ、 
(株)リアル・フリートの社長:熊本浩志さん


講演会とはいえ「ヂカギキ」の名の通り、
「質問」によって、話しを進めて行く形式。

僕とRKB「今日感テレビ日曜版」でおなじみ
山口玲香さんが、二人で質問をして行く形式の
「ざっくばらん」な「TOP RUNNER」風の味付けです。
 
atoyamareika








 



※玲香ちゃん、ブレててごめ〜ん。

で、この熊本社長自身が、さらに「ざっくばらんな」
スーパーナイスガイだったので、もの凄くいい雰囲気でした。

前半は、熊本さんが、
TOSHIBAを経て、アマダナを立ち上げるまでの
経緯を、爆笑のエピソード付きで紹介。

後半は、メールと会場のお客様からの
文字通り「ヂカギキ」質問タイムという構成。


熊本社長の話しは、
どれも面白かったけど、中でも

「人の志向は、数値ではあらわせない」

という話し。

アマダナのファンは、
電卓の計算速度が他の何倍だから好きとか、
今売れているポケットビデオ「SAL」は、
解像度が105%スゴいとか、こことここの
色の割合が8:2だから好きとかいう奴は
いないと。
数値データは関係ない。

「なんとなく好き」
「なんとなくかっこいい」


この「なんとなく」を
言葉遊びから、形にする作業をし続けているんだと。


これ、ブランド志す人の
ほとんどが、考えていることですよね?


これを、きっちりとやっている熊本さんの言葉は
かな〜り、貴重で刺激になりました。


その他、熊本社長の話しは、
今回これなかった人のために

「ヂカギキ」再編集サイト
 マタギキ

というサイトページが、
「asianbeat」内に立ち上がります。
これは「asianbeat」編集長の後山氏が自ら
記事編集をする力のは入りようです!


熊本さんも驚いた、福岡県の文化発信への情熱。
それを支える、山口さんや川越さんの情熱に感謝です!
皆さん、「asianbeat」のページは、
ネタにことかかないので、ぜひあなたのレギュラーサイトに
してみては!?

そして何より、
もう、昔からただの「飲みトモダチか?(笑)」という
圧倒的に親しみやすい雰囲気で、イベントを作って
もらった、熊本社長に大感謝です。

・・・というわけで、
「ヂカギキ vol.01」無事終了です。


また、福岡からの文化発信という点では
さらにスゴい事として、
熊本社長のameblo公式ブログ

「色気より電気」

(笑)に、今回の記事をかいてもらっていること。
そして、案外すごい動画も!!
(撮影は熊本社長ご自身でSAL使用)!


これからも、がんばります!


kumamoto-koyanagi













 あ・・・暑苦し・・・ 



ありがとうございます!
クリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  




cromagnon69 at 08:08|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2009年07月21日

ヂカギキ


昨日はスゴいアクセスに感謝!
本日もクリックお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ  



先日、


北九州市立
則松中学校


・・・さんに呼んでいただいて、
5時間目の授業をやってきました。


え? 嘘じゃないよ。
ほら。

teacher-k
























う〜ん。先生だって ←バカ。

お題は、
2年生有志が、地元を流れる「堀川」のCMを作って、
地域の人々に、もっと「堀川」を知ってもらいたい!
というステキなミッションを果たすため、
どうやってCMは、できるのか?

を、おもしろおかしく授業してきました。 
生徒さん達、いいこばっかでいい雰囲気でした。

ま、けど驚いたのは、
彼らが考えていたCMプランが、下手な広告ダイリテンさん
のそれより、すっごくおもしろかったこと! 

現代っ子だな〜(極めてオヤジ的発言)




で、そんなオヤジではなく、

この福岡で、真剣にブレイクしてやる!!!

って思いで、がんばっている人たちに向けて
かねてより、福岡県が主催する、
アジア・ユース・カルチャー・センター(以下、AYCC)さんが
何かやりたい!っていう熱い想いがあったのでした。

そのお話をうけて、このたび提案していた企画が

なんと実現することになりました!


その名も・・・・


ヂカギキ


福岡に居ながら、一度は話しを聞いてみたかった
あの人に、 

直(ヂカ)に話しを、聞(キ)いてみるイベント

ってことで、命名しました。 


その第一回目が決定しました。
キャスティングを任されたので、
早速お声をかけさせていただきました!


デザイン家電ブランド
アマダナ代表
熊本浩志さん!

来福決定です。

dikagiki

























「ポケビ」SALが、予想通り「その手の人」達に
確実に認知され、売れてます。


自分のブランドで確実なファンをつかむ。
大企業の中から飛び出す。
アイディアを、どう出してるのか。
カテゴリーイノベーションって何?

などなど
僕は、非常に「ジカ」に聞いてみたい

一緒に企画を進めるAYCCの皆さんと相談して、
聞いてる臨場感を重視するため、

定員は最大:120名限定!

にしようと。う〜ん贅沢だ!

たぶん、口コミで売れて行くと思うので、 
ぜひ行きたい!って人は、


アジア・ユース・カルチャー・センター
福岡市中央区天神1−1−1
アクロス福岡3階こくさいひろば内
電話:092−400-6640



にぜひ、問い合わせてください!

あ、僕にメール送りつけていただいてもいいですよ!

一般:1500円/学生:1000円(税込み)です。
 


今日、その打ち合わせを
東京で、熊本さんとしてきましたが、

「お役所主催だからって、
 きれいごとは言わないし、
 こじんまり、まとめないっすよ(笑)」


とのこと。実際、熊本さんの講演は、一般人目線に
限りなく近くて面白いと評判です。 


福岡県さんがバックについてくれたからこそ出来る
このゼータクイベント。

一般的なセミナー的なものではなく、
「そのセンス、その感覚について、聞きたい!」
っていうキャスティングにこだわりたい
このゼータクイベントを、
できれば継続させたいので
あなたも、ぜひ、参加してください!


僕、司会します。


話しを聞くだけではなくて、
皆で質問しまくるような

「攻撃的参加型講演会」

にしたいと思ってます。

ぜひ!




[イベント開催概要]
■「ヂカギキ Vol.01」
■開催日 2009年8月7日(金)19:00open/19:30start
■場所  アクロス福岡3階「こくさいひろば」
■住所  福岡市中央区天神1−1−1
■講師  ?リアル・フリート社長 熊本浩志氏
■チケット料金 一般1,500円 学生1,000円

※7月21日(火)から発売開始
※120名限定、売り切れ次第販売終了

■チケット取扱先及び問い合わせ先
アジア・ユース・カルチャー・センター
福岡市中央区天神1−1−1アクロス福岡3階こくさいひろば内
電話:092−400-6640 

詳しくは>>>asianbeat siteにも!





ヂカクリックを・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ   

cromagnon69 at 23:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク