蔦屋

2010年12月14日

ヂカギキ熊本。一瞬先は・・光。


皆さん、ノロウィルスは大丈夫ですか?

お疲れさまです。
福岡からクロマニヨンです。

あっというまに12月14日。

2010年が去っていってます。
速いね、とか。言う気もないくらいあっというまですね。


さて。
去る、12月7日。


無事開催されました!

f4cdb9f36ace39














ヂカギキ熊本!


今回は、あの「TSUTAYA」創業者の一人である
ニューコ・ワン株式会社の代表取締役社長

村井 眞一さん。

dk-murai




























今日も、オシャレな村井社長。
これは、開始前の打ち合わせの一コマ。



dk-mzn













今回は、村井社長の会社「ニューコ・ワン」さんが
やっている、街コミュニティ事業


と、福岡県が運営する「アジアンビート」で
やらせてもらっている


のコラボレーションという成り立ち。


会場は、120名ほぼ満杯!ありがたい。

dk-left














村井社長のルーツ
村井社長の思考や思想
村井社長へ皆さんがヂカギキ

の3つのパートに分けて、約90分の内容でした。


蔦屋書店の前は「LOFT」という
名前で、レンタル屋さんを始めた事から、

他にも、レンタル屋さんはあったのに、
どうして、「TSUTAYA」だけが大きくなっていったのか?

そして、1000店舗以上の店を持ったときに
どんな力と影響力を持つに至ったか?


dk-right













まで、そりゃぁぁ〜リアルなお話を、
たくさん聞けました。



そんで、かなり面白かったのは、
村井社長独自の、仕事に対するかかわり。


村井社長いわく、
仕事がうまく行くための要素は3つ。


一つは、人。

確かに、現:CCCの増田社長や
日販の方との出会いがなければ・・・と
考えると、人との出会いはすべてであると。


もう一つは、目的の持ち方。

金持ちになるんだ!
というのが目標ではダメだと。
やることが、自分と家族以外を、いかに喜ばせるか?
社会的役割を考えろと。それでビジネスの成功が決まると。

dk-aud-lady














そして、
もう一つが、準備。

人間誰にも、一生で10回くらいは
チャンスが訪れるのでは?と。
その時に、気づかない。つかまない。つかもうとしない人が
凄く多いと思うと。
つまり、つかむ準備をしていない。

10回やって、9回失敗しても
1回で100倍の成功をすれば、
年収なんか、一気に挽回すると。

現に、村井社長は経営者なのに、年収300万円しか
取れない時期が5年あったと。
その間に、ヘッドハンティングした
直属の部下などは、1000万円もらっていたりする:笑

けど、6年目に蔦屋がものすごい利益を出したときに
年収は、6000万円になったと。

dk-aud














村井社長曰く。

人生、一瞬先をどう見るか?と。


一瞬先には、光があると。


すべてのステキな出会いも、成功へきっかけとなる出来事も、
昨日まで、その直前までは、起こっていない。

しかし、
凄いことは、時に起こる。



だから、準備しようと。



また詳しくは、
マタギキに掲載予定です!!!



あ〜、楽しかった〜。

村井社長、関係者の皆様方、時間オーバーして会場に
怒られたりしてすいませんでした。

けど、またやりたいです:笑!!






cromagnon69 at 23:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク