高速道路

2011年07月02日

続けるという凄さと難しさ。



 6月は、3回しかブログ書いてない・・・・

けど、そこ犠牲にするくらい
沢山出張行って、いろんな人と会って、いろんなこと
仕込みにかかっている、とっても充実な2週間でした。


で、今回の表題は「続ける」ことについてですが、
今日ニュースでやってましたね。



ブルガリ ブリリアント・ドリーム・アワード2011

で、幸せいっぱいの長谷川潤さんと
44歳で現役:我らが三浦知良さんが受賞されていました。



11116960141
 












未だに現役。カズさんこそ、一番わかりやすい
「続ける」凄さの象徴です。かっちょいい・・・。



で、今週・・・・・


sonezaki




















その日僕は、曾根崎お初天神通りにいました。


そう。

一つの大きなお仕事に区切りをつけにきたのでした。

その仕事はこれ。



book_0620





















NEXCO西日本SHDさんと、5年間にわたって
制作してきた、この「パスティ」が、

美しすぎる微笑みで
小西真奈美さんが表紙を飾る
この6月20日号で、
終了することになったのだ。



このフリーペーパーは、大阪〜沖縄の高速道路
全SAPAに設置され、中面のメインコンテンツとして
路線地図を擁しつつ、民営化でもっとフレンドリーに
なっていくべきSAPAの、おいしい情報や
高速道路で行く、旅の醍醐味を紹介するものとして

我々チームで5年前に提案。

その後準備期間を経て、
実に5年間:25冊を発行した。


1号 × 100万部という巨大なメディアだった。



3年前、BBDOの我がチームに加え、
当時アイビジョンの編集長をしていた現FACTの後山氏。
サニーサードアップの外部プランナーでもあった
PR戦略のプロ:山崎祥之氏。
福岡の代表的プランナー:中村修治氏などと
プロジェクトを組んで企画をした。


高速道路会社がチャレンジする
この巨大メディアに、我々は最初こう名付けた。


「奔放」(ほんぽう)


鉄道や飛行機は、きまった運行路がある。
しかし、高速道路は、どこまでも自由だ。


そういうコンセプトで、
約3年前の深夜、薬院の某所で命名した。


表紙は、自分の道を進む存在感ある人にする。
しかも、その写真は「撮りおろす」。

その他、たくさんのこだわりをのせて
2007年「奔放」は創刊した。

福岡出身で東京で活躍されていた
EAST ONE社の、井崎氏がキャスティングを
担当していただくことになった。



そして完成した
2007年4月。記念すべき創刊号はこれ。
(画像は、NEXCO西日本SHDのHPより)


200704img








表紙の撮影は、中洲のBAR:MYMONさんで実施。
リリーさんは、普通にお酒飲みながら
素敵な写真と言葉を残されました。


隔月発行。

以下必死で企画し、発行した。

2007年6月の2号目、
同じく8月の3号目には、考えられない大物!

200706img200708img








通常
フリーペーパーは棄てられてしまうため、
このクラスの方には、なかなか表紙は承諾していただけない
とも聞いていたが、高速道路さんのメディアという
ことと、我々の想いが通じた(?)。

ボス矢沢さんの撮影現場には、
僕が生きてきた中で、体験したことのない
空気が巻き起こった
のを覚えている。

2007年10月
キタ〜!の4号目は、織田さん。
12月の5号目は、哀川さん。哀川さんの号はドライバーの方に
受けがよかったとか・・・。

200710img200712img









残念ながら、このお二人の撮影には立ち会えなかった。


そして、2008年へ。
6号目は、これまたフリーペーパー初登場の新庄さん。
7号目は、初の(待望の:笑?)女性キャスティングの
柴咲コウさん。

200802img200804img








バーで撮影した新庄さんは、すごく気さくで
笑顔からのぞく歯がまぶしかった・・・。

柴咲さんは、もう目をあわせられない美しさでした。




あ?基本自慢話っぽくて、飽きてきました?笑


もちょっと。


創刊1周年を迎えたことから
この「奔放」も、業界での知名度もあがり
大物キャスティングが決まって行きます。

8号目・9号目・10号目と進みます。
(2008年6月・8月・10月)

2008006img200808 200812









ホテルで撮影した佐藤さんは、
めちゃくちゃスタイルがよくて
「僕も、こうなりたい・・(笑)」な感じでした。

唐沢さんは、撮影には行けなかったですが
竹中さんは、寡黙ながらもすごくサービス精神旺盛で
いい雰囲気でした。かっちょいいし。


この頃になると、制作チームもペースを掴んできます。

11号・12号
(2008年12月・2009年2月)

200902200904-1








松たか子さん、どうしてもお会いしたくて
もがきまくったけど、行けなかったのを
覚えています:笑



こうして、12号を発行したところで、
丸2年がすぎました。

そして、次の2009年4月号が2週年記念号。

YAKUSYOSAN















役所さんは、長崎出身でもあり、福岡から来た
我々チームと、休み時間に沢山お話いただきました。


しかし・・・

2年という時間は、
様々な変化も露呈する時期です。

色々な仕事をしていても、
2年ほどたつと、よくも悪くも「こなれて」くるのです。


それが、この「奔放」にも訪れたのでした・・・・




つづく・・・・笑







cromagnon69 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月08日

AH


知ってますか?

futatatheclock













フタタさんのビルから、時計撤去!


もはや、FUTATA THE CLOCK と呼べない!!

え? 呼ばない?
FLAG? あ、すんません。

ま、どーでもいいんですけど、
朝、福ビルの「ちょっと低め表示」の温度計見て
渡辺通り横断しながら、フタタさんで、時間確かめる・・・

ってのが、朝のお決まりだったんで、
ちと寂しいです。


ま、それはよかとです。



で、本題。

知ってますか? 「AH」

違う。違う。「HY」はアーティスト。


「AH」・・とは
「アジアハイウェイ」の事です。


近頃、都市高速を走っていると・・・・

ah-1












橋脚にこの表示が掲出されています。

拡大してみましょう!

ah-ibig











これです。

AH1
ASIA HIGHWAY

JAPAN KOREA
CHINA TURKEY

の文字が書いてあります。


ウチのチームの、高速道路担当のさとしに聞いた所、
この標識、壮大な計画の始まりを告げる看板でした。

「アジアハイウェイネットワーク構想」


アジアの32カ国を横断する全長14万kmにわたる高速道路
主に既存の道路網を活用し、
現代のシルクロードを目指して計画されているものである。
(from WIKIPEDIA)

この「AH1」は、アジアハイウェイ1号線で、
東京を起点に、福岡を経由して
韓国へ渡り(海底道路?)、
中国を横切り、トルコを終点にする路線。
距離にして、20,710km!


福岡を経由してるのが
うれしいなと。



この構想の始まりは、

1959年
国際連合アジア極東委員会により提唱され、

2003年11月
AH政府間協定に関する政府間会合にて
日本も路線参加を表明

すげぇ!知らなかった!こんなの。
そんで、看板が出たんやろうけど・・・・


果たして、
完成はいつやねん!!


よし!

福岡から、
車で、トルコはイスタンブールまで行くぞ!

ETC:1000円で行くぞ(笑)!!!



<参考:AH路線図>
300px-Asian_Highways



















ちなみに、AH7(ロシア〜イラク)まであるよ!


こういう計画、すっげぇ楽しい。
ちょいやけっぱちになれるくらい。


けど、ハイブリッド〜EV〜ソーラーと
車の動力エネルギーがクリーンで
スーパーに燃費が向上すれば、
車の旅も、楽しいかもしれないなぁ〜。

あ、あと、世界の治安もですが・・・



今回、高速道路ネタで!


九州自動車お使いの際は
「むかいざの」で検索ね!

工事渋滞注意です!







cromagnon69 at 23:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク