BOND

2016年08月23日

#FUKUOKA 福岡愛こじらせインタビュー

こんにちは。せっかくなんで、お知らせ。

 #FUKUOKA(ハッシュフクオカ)  という、
福岡のクリエイティブ関連のニュースを掲載するサイトに、インタビューしていただきました。

題して『福岡愛こじらせインタビュー』(笑)。こじらせてんのかなぁ〜´д` ;

究極の褒められて育つタイプである、福岡の街の人々への、愛の言葉です(笑)!











#FUKUOKA  




cromagnon69 at 17:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月27日

仕事も個人も、やっぱし「ブランディング」ですかね。


先日、ReTHINK Vol.02 が盛況の内に終了しました。

場所は、西鉄福岡(天神)駅コンコースにある「ReTHINK CAFE」。
(写真は、勝村くん。ありがとう〜!)

13220645_1062351617173548_904504165620320133_o


13221411_1062356733839703_3198509287686686516_o
 
そのメインイベントでもあったトークライブに出演させてもらいました。

RETHINK02

 ジャーナリストの佐々木さん。
クロスFMの、坂田社長。
TABILABOの社長、久志くんことBinちゃん。
そして、僕の4名。

 坂田社長もいらっしゃったので、「ラジオ」の可能性について盛り上がり、そして、やはりというべきか、ジャーナリストの佐々木さんの「惜しみなきアウトプット」は、納得させられることばかりで、この業界に長いこといる僕も、めちゃくちゃ勉強になりました。

13247769_1062351543840222_4362777400352721297_o


今回の詳細なリポートは、ReTHINK Books のオフィシャルサイトに掲載されるので、そちらを読んでいただければと思いますが、僕的に「端的」に言ってしまえば、


ずばり
ローカルにおいても「
ブランド化」だと思います。

ブランド化というと、受け取り方も様々かと思います。

・・・・ってか、「ブランド化」っていう言葉自体。聞き飽きた(笑)。言い過ぎ。
けど、他にわかりやすい表現がないので許してください。


ほとんどの人が、スマホで、あらゆるニュースを24時間受け取れる環境では「即時性」や「文章がわかりやすい」とか「便利」とかいうフィールドには、競合の要素すらなくなりましたよね。

昔は、「**新聞は、文字が大きくなりました!」とか、
「どこよりも正確に伝える・・・」という広告やってましたが、
今や、そんなんでメディア選ばないです。

そんな中での、選ばれるメディアは、やはり「ブランドメディア」ともいうべきもの。

つまり「自分はこれ」「自分に合ってるメディアはこれ」という感じで選ばれることが、生き残るメディアの条件だということ。

「地元に特化した・・・」

というだけでは、やはり厳しい。
人口が多く、ビジネスチャンスが多いローカルエリアであればあるほど、同種のメディアも多い。その中で、ビジネスできるメディアになるには、「ブランド」になることを目指すべきだと。


では、どうしたらそうなれるのか?


僕の意見としては

「メディアに、主張がある」

ということ。
主張を先鋭化させればさせるほど、ターゲットも狭まるかもしれない。
デザインをとがらせればとがらせるほど、好き嫌いが激しく出るかもしれない。

しかし、逆にメディアの存在感=ブランド性は上がって行く。

僕は、BONDを5年間作ってきて、感じることです。



なんでも載っていて、誰もが喜ぶデザインやボリューム・・・
を持ったメディアは、全国をカバーするマスコミや、リクルートさんなどの壮絶な数のコンテンツを集積するモデルには勝てません。しかも、する必要もないと思います。


それだったら、

「あいつの話きいてみようか」
「あいつのオススメチェックしておこう」


そう言われるようになることを目指すべきですね。


そんな話をしていたら、クロスFMの坂田社長に言われました。
それは、まさにラジオが昔から目指し続けていることだと。

「なんか話のネタが合う」「聞いてる人のタイプがにてる」「なんか好きな曲がよくかかる」

こう感じてもらえた番組は、長く続くと。



これって、メディアの話だけではないんだと思います。

個人や少人数で事業やっている人も、
仕事は良さそうだけど、

個人のfacebookのポストがイケてないと、ちょっと引く。笑

つまり、個人のブランディング(マーケティング)もすごく大事です。
難しい時代っすけど、このスキルは大事だし、身につけるべきですね!!!



TABILABOの久志くんが、
なんでも共有し、なんでも情報が手に入る社会になればなるほど、

「限られた空間で、リアルに体験する情報が最も価値あるものになる」

と言ったのに、心から同意しましたが、
この「ReTHINK」という、少人数ですごく濃い話するイベントは、まさにこれだなと。
みなさんも、参加してください!!!


次回は、いよいよ「本田直之」さんの登場です!!!
テーマは「ライフスタイル」!
福岡人必聴っす!!!


RETHINK03


ReTHINK Vol.03


残席わずか!!!





cromagnon69 at 13:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月12日

トレンディ…(^^)



トレディ…ときたら、皆さん何ですか?
『ドラマ』ですか?うむ!さては90年代に青春だった方々ですね!笑。
それとも、頭に『日経』ってつけたくなりますかね(^^)。

今日、私は、あの天下の『岩田屋』さんの5階メンズフロアにて、
その名も
『メンズファッション トレンドトーク』
というイベントに参加させてもらった。

売り場フロアのど真ん中での開催ということで不安をかかえつつ、二時間前に会場に行ってみたら…













完璧でした。

1400から、45分ほどのトーク。














岩田屋メンズのバイヤーさんたちが、何をテーマに、アイテムを選んでいるのか?というコンセプトを聞くのは面白かった。端的に言うと、これが『トレンド』になるんだなと。






















会場では、スパークリングワインを太っ腹な飲み放題。こういうのは、いいですね。


自分自身『ヂカギキ』を始め、たくさんトークショーしてきた経験から言うと、この手のトークイベントにお客さんが求めているのは、

実用的かつ、具体的なこと。

なので、コンセプトやテーマの説明をさらっと流した後は、具体的なことのオンパレードで進めました。













同じジャケットで、インナーとパンツを変えることで、着こなしの幅が、広がることの実践。

今年の小物、中でも鞄のトレンドとしては、今までトートバッグがずっと来てたけど、徐々に、ビシネスブリーフにもどっていると。ふむふむ!

また、
季節がらストール(マフラー)の、巻き方も、定番から飛び道具(笑)まで、5種類講座をしました。

そして最後は、、、

岩田屋メンズ
人気のジャケット&靴
ベスト3の発表

を実施。

ジャケットは、ネイビー系チェックのタリアトーレのジャケットが一位。
靴は、チャーチのデザートブーツが一位でした。

みなさん、あくまで、これは岩田屋メンズチームが薦める、今年のトレンドです。他のショップ、雑誌、推してるものは細部では色々違いますね(^^)。

けど、色々言っても、詰まるところの正解は、『自分らしく』をどこまで分かって実践できるか?ですね。


世の流行は、インプットした上で、自分が好きな、そして自分らしく見せてくれるファッションが出来るようになるといいですね。

そういう人が、

トレンディです!  www

みんな、岩田屋5階に行こう!笑








cromagnon69 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年12月10日

BONDは狭い


BOND FUKUOKA 14 が発刊して、二週間余り。もう90%まで配布が進んでます。























表紙を飾る、BEAMS 創始者で社長の設楽さんが、Facebookにポストして頂いたことで、東京からも問い合わせが、俄然増えました!設楽社長、感謝です(^^)!
















SNSという、今のメディアで、
フリーペーパーというレトロなメディアが拡散していく。
現在のムーブメントのほとんどは、いつのまにかそういう仕組みになってしまいましたね。

このブログをお読みの方の中には、

どうしたら情報が拡散するか?
どうしたら自分自身や、自分のやってることが『ブランド化』するか?
さらには、自分でメディアを立ち上げたい!

と思っている方も、いらっしゃるかもしれません。

かくいう自分も、そのことばかりを考える、、いやそれが仕事でもあるのですか、未だに極められてはいません。

しかし、
4年間、BONDで、そこを目指してきた中で、
いくつかの失敗や見込み違い
がありました。

実際にブランド化してる数多くの方々と話して、その真髄が見えた!と感じたこともあります。

それらは、貴重なノウハウとなって自分の中に蓄積されています。

それを元に、ちょっとBONDというメディアの構造をタネ明かしすれば、絶対ブラさないのは次の点です。

地方都市『限定』で、
30〜40代のビジネスマン向けに『絞り』、
編集部の『独断』による情報選択で、
ストイックに『こだわり』抜いたデザインを守り続ける。

これらを、愚直に4年間続けてきました。フリーペーパーなのでお金はいるけど、そこを判断の基準にせず。そうです。狭い方へ、狭い方へと攻め続けてきたのです。

しかし、狭くすればするほど、カッコイイブランドさんから、タイアップのご相談が増えていきました。

BONDの最大の威力は、
ローカル都市における、ジックリとした、ブランド浸透です。

それに気付いたのは、
今回のBONDで…

いんいかん。
この調子で書きつづけると、10万字くらいなりそうなんで、このくらいで、また次回(^^)。

一度は、自分の中にあるノウハウを整理して、興味ある方々にお話ししたいなと思ってます。
もう、46歳なんで!笑。

そんな片鱗がたくさんある、BONDのオフィシャルホームページも是非覗いてください!



cromagnon69 at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月28日

星野リゾートの視点と理由。


やっと、夏が始まりましたね。
不思議なもので、本当に暑い日がどれくらい暑いか?って、
本当に暑い日にならないと思い出せないと思いませんか?

あ、どうでもいいっすかね。笑


昨日、朝飯食いながら新聞見てて気になったニュースはこれでした。

「星野リゾート、ANAホテル福岡などを取得」

詳しくは、日経のサイトの記事をどうぞ。



博多駅の東側に「日航ホテル」があって、
そして西側に「全日空ホテル」というイメージだったあのころ。

cimg0564039


ここを、
あの潰れかけの旅館を次々再生し、
しかも、付加価値が高いものに作り直すことでは
日本で最も知られている、「星野リゾート」さんが
取得したと聞いて驚いた。

「星野リゾート」さんは、「リゾート地」にしかないイメージだ。
例えば、「界 阿蘇」。

slideshow_3

界ASOロビー
(ホームページより:俺行ったことないっす・・)


だから、どうして都市部の、競争激しい「シティ・ビジネスホテル」を取得したんだろうかって思った。しかも、福岡だけではなく、広島、金沢、富山の4つのホテルを、400億円も出して取得らしい。ということは、かなりマジで覚悟してるのも見てとれる。

代表である、星野さんはインタビューでこう答えている。

独自の市場調査の結果、地方都市のビジネスホテルが、観光客のニーズを十分に満たしていないと判断しており、ビジネスホテルの運営に参加することで、都市観光市場のニーズに合ったホテルのあり方を模索する」(日刊工業新聞より)


ビジネスホテルといえば、従来、安かろう狭かろう壁も薄かろう、
という「安・狭・薄(あんきょうはく)」(笑)、イメージだった。
実際、ぼくも、昔、信じられないくらい狭い
ホテルの部屋に宿泊したこともある。

しかし、近年、10,000円前後でも
「デザイナーズ」を謳うホテルや、テーマを持った
ビジネスホテルも増えてきたりしてきている。

これは、一見、

「部屋を供給するホテル側の意識の変化」

みたいに見えるけれども、実際は、

「宿泊するお客様の意識の高まり」

で、都心だからこそ、快適で素敵な場所に
滞在したいし、贅沢になっていっている。


観光はもちろん、出張でも、
結局飲んで寝るだけのパターンが多いけど
いいホテルにチェックインしていると、
気分はすごく上がっている自分がいる。笑

当たり前だが、
ホテルが「安・狭・薄」だと、がっかりする。



ここで、星野社長の言葉を抜粋すると、
地方都市のビジネスホテルが、
観光客のニーズを十分に満たしていない

そう。
ビジネスホテルが、ビジネス客のニーズを、
ではなく、
ビジネスホテルが、観光客のニーズ
満たしていないと言っている。
出張者も、観光客としてカウントしてるところが
ほとんどの自治体でそうだと思うけれど、

ようは、星野リゾートさんは、

成熟しまくってる感じがする、
都心のホテル業界に、
まだまだ、やれる隙間が見える!


と感じているということ。


もう、我々がシゴトしていく上で、
こんなに刺激になる
ヒントはないと感じます。



どんなに、やりつくされたと思われる業界にも、
自分のノウハウや、視点を変形させたりすることで、
新しい価値を産み出せるというチャレンジ。


僕の業界も、あなたの業界も
だいたい、やりつくされてるし、
出尽くしてる感、ありますよね?

もう、やりつくされてると。

オリンピックのマークですら、
もう、何か参考にするしかないんですから!笑


ただ、新聞によると、当分は大改装するとか、
運営をざっくり変えることはしないということだったので、
どういう変化を目の当たりにできるのかは、まだわからない。

けど、大きなビジョンがあってこその、アクションなのは間違いないと思う。


「星野リゾート」さんは、
2016年に、「星のや東京」という
地上18階建ての「天然温泉付き日本旅館」を東京は大手町にオープンさせるそうだ。

s-hoshino_mini


「星野リゾート」が目指す、日本の旅館の素晴らしさを、
世界に発信するため
に、日本のど真ん中でやるという。


ここに出したら、効率よく儲かる・・・・

とか、そういう次元ではない世界で、事業やってる気がする。
もちろん商売だし、どんな価格設定になるかもあるので、
褒め過ぎはよくないけど、

素敵な事業は、全部、今までとは違う視点から産まれていて、
そして、それをやる理由が、すごくシンプルで共感できる。

”理由ありき”で、始まっている。

今回の新聞記事をきっかけに、
星野さんのインタビューとかを、たくさん読んだら、
このお題を「ビジネス的に」とか言いながら書くのが、
馬鹿らしくなった。


最後に、この「星のや東京」を発表した時に、
日本の旅館と、海外客の親和性について聞かれた
星野代表の考えがこれ。


日本の旅館文化は守ってもらう。
外国人におもねた宿泊施設では、
西洋のホテルと同じになってしまう
(星野代表)



旅館の主人は「マスター(主人)」であり、
西洋のホテルの「サージェント(召使)」ではない。
対等の立場でサービスをするところに
日本旅館の妙があると。

今更ながらに、素晴らしすぎる!



誰か、星野リゾートに行きましょう!笑






cromagnon69 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月17日

BOND編集部「世田谷ベース」潜入!◆伸



こちらからご覧の方は
BOND編集部「世田谷ベース」潜入! 伸
からお読みください!


所さんの、詳しいインタビュー内容は、ぜひ「BOND」を読んでください。

なかなか手に入らない地域の方とかは、
8月には、こちらの「BOND-WEB」に

bond_13top

インタビューを掲載する予定です! 

 
さあ、世田谷ベースでの、所さんのインタビューは、抱腹絶倒の面白さでした。

「毎日やることがたくさんあって、起きるのが楽しみだもん!」

こんな毎日をおくる、60歳(!)って、どんなに幸せなんだ?と。
いろんなテレビや雑誌で、所さんの「多趣味」は、何気にわかってましたが、その趣味性の広さだけではなく、深さが半端ないです。

特に、戦車やクルマの模型を、
徹底的にカスタムする、そのこだわりはやばい。
塗り筆の先を切り取って、着色し、
戦車の甲板に落ちた、
弾丸の薬莢にみたてる・・・

などの執拗なこだわりの数々は、聞いてて呆れるほど。

確かに、世の中には、
「モデラー」と言われる専門家もいるかもしれないが、
月に、7本(?)のテレビレギュラーを持ちながら、
この作業をいつやってるんだろう!?って。


IMG_5491


「なんでも過程が楽しいんだもん。その一番楽しい枝葉の部分を、今の時代はすぐに”効率”とか言って、はしょっちゃうよね。めちゃくちゃ勿体無いよ!」


モデルガンのグリップに「手垢が染み込んだ様な塗装」をする難しさ(笑)をお話ししながら、こんな言葉をもらいました。

「効率」「効率」「効率」。

劇的に連絡やコミュニケーションを「効率化」した「携帯電話」が、自分たちをしばりつけ、ますます忙しくしてしまい、そしてもはや戻れなくなってしまった経験をしている、我々世代にとっては、深く深くささる言葉でした。携帯がないときは、デートでの待ち合わせの場所を決めるのも楽しかった。人と会うための大切な「過程」だったんだな、とか考えてしまった。


とにかく、ここ「世田谷ベース」には、夥しい数の「おもちゃ」とか「模型」が置いてあった。

IMG_5494
(ご本人そっくりのフィギア)

そのすべてに、ほとんどすべてに「一手間」〜「億手間(笑)」くらいが、加えてある。
それは、表にあった「クルマ」や「バイク」もそうだ。


なんでも、分解しちゃうの。
そして、無駄なことしちゃうの。面白いかも!って。
そしたら、どんどんエスカレートして、
バランスこわれちゃって、ちょっといじるつもりが、大工事になって、エライ目にあうんだよ。けど、それが楽しいの。買ってきた車とか、模型もそのままなら、何もない「そのままの良さ」でしょ?



所さんは、こんなことを自然に言われる。
何もしなきゃ、何もおこらない。
けど、無駄なことしちゃうと、愛着とか、こだわりとかがレバレッジがかかって、すべてが楽しくなってくる!そういうワクワクの方法を、人生全体として、知ってるオーラがむんむん伝わってくる。


当初、1時間のインタビュー&撮影が、3時間近くに!!!


所さん、自ら「世田谷ベース」の中を隅からすみまで、
面白いものの解説付きで、見せてもらった。

IMG_5486

中身はただの「市販の殺虫剤」らしい(笑)。
けど、こうして「カバー」をつけるだけで、楽しい。


そういうものが、たくさん、たくさんある場所。
それが、「世田谷ベース」だった。


もう永遠に見てたい。。。


なんだったら、泊まってく?
全然いいよ(笑)



本気で、そうしたくなる、
所さんの笑顔で言われながら、
後ろ髪惹かれる思い出、世田谷ベースを後にした。

最初は、所さんの「生き方」!
とか硬いインタビューにしてしまいそうだった。
けど、あの圧倒的な自然体は「生き方」というより、
物事の「感じ方」だ
と思った。


なんでも楽しいよ。
俺なんか、足ぶつけても楽しいもん!
あ〜ぶつけるよな〜(笑)!とかさ。



創刊4周年記念号「BOND FUKUOKA 13」
ぜひ、手に入れてください!!!


そして、所さんと事務所のみなさん、優しくしていただいてありがとうございました!

TOKOROSAN



*写真は許可をいただいて掲載しています。








cromagnon69 at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月22日

親ではなく「他人の七光り」を頂ける人生



皆さん、3連休どうですか??

好調に配布が進む、
一流のオトナをあきらめないフリーペーパー
「BOND Vol.08 」も、クライアントの皆様から
大きな好評をいただいております!

BOND-08-HYOSHI

BOND電子ブックでも全ページ読めます!8号もそう少しで!>



そして、BOND で知ったヒトやコトを
ちょっと掘ってみたりしていただければうれしいです!

で、年間色々イベントやってきたBONDですが、
去る20日金曜日に、2013年最終セミナーとして、

VOB-FUJIMAKI-SNS

      ” THE VOICE OF BOND Vol.08  藤巻幸大”

を開催しました!

藤巻さんメイン軽 (1)

元伊勢丹のカリスマバイヤーとして、
バーニーズニューヨークや多くのブランドを
日本でおっぱじめた方です!

僕が、某アミューズメントパークの会社から
今のBBDO J WESTという広告会社に移ったばかりの
2004年にこの本を読んで働くことと人生のかかわりに
対する考え方が、激変したのを覚えています。

自分ブランドで勝負しろ!
藤巻 幸夫
オーエス出版
2004-01-06



この後も、なんか毎日がマンネリしてくると、
色々刺激欲しくて本読んできたのですが、
藤巻さんの本も何冊も読みました。

目利き力 (PHPビジネス新書)
藤巻 幸大
PHP研究所
2012-02-17


今でこそ「編集」や「キュレーション」なんていう
言葉になって、非常に重要なことだと認識されて
きていますが、正に「目利き」という言葉で
わかりやすく説明されています。

まあ、本をあげれば、キリがないのですが、
とにかく、10年前に本で読んで、
ヂカギキや、BONDなどをやるようになって、
一度、それこそ「ヂカ」に話を聞かせて欲しい方が
この藤巻さんだったのです。
(詳しいプロフィールはこちら


しかし、この2013年12月20日(金)。
悪天候の上に、
「嵐」さんのライブ
「安室奈美恵」さんのライブ
「山崎まさよし」さんのライブ
がトリプルでかさなり、
17:30の時点で、鳥栖JCTが15キロの渋滞。
おまけに夕方は、タクシーがほとんどいない!

という感じで、開演は15分遅れの、
19:15にスタートしました。

約70分 藤巻さんに講演いただき、
その後、20分ほど私や客席からの質疑応答を
してもらったのですが・・・

僕にとっては
名言の山でした!


百貨店のサラリーマンの
最低の境遇からスタートしてブレイク、
独立して、徐々に認められる様になったら
「福助」さんの再建にとりくみ、
その後も、色々取り組んで、
今は「藤巻百貨店」というネットショップと
参議院議員もやっている・・・。


今回のテーマは
「時代を貫くブランディングとマーケティング」
だったのですが、のっけから
「メーケティングは大嫌いだ!」で始まりました。

ブランディングの3つの要素。
「ストーリー」
「フィロソフィー」
そして「ヒストリー」


わかっちゃいるけど、
やっぱし意識しながら育てることの大切さを
藤巻さんが、実際見て、会って、手がけた
膨大な具体的経験談から引いてくる感じが
相当面白く、
またチクチクもしました。


藤巻さんの伝えたい事は、
一晩位の時間では絶対足らないのですが、
最も、大切にされているのは

「現場に実際に行くこと」
そして
「人とのかかわり」

現場でしかわからない、逆に言えば
現場にいけば全部納得できることは沢山有る。
だから、全部その目で見なさいと。
その目で!
Google画像検索ではなくて!笑

そして「人」も、
偏屈で自分を煙たがってる人、
自分と全くタイプが違う人に会うと、
うれしくてたまらなくなる・・という話は、
非常に面白かった。

そういう人こそ、
自分に無かったコトを
埋めてくれる人であることが多いと!


なるほどな〜。
実感として、こういうのは納得できます。
面倒な人には、寄らなくなるんすよね。
けど、それじゃあ同じ自分でしかない・・・。

結局は、現場と人。


藤巻さんの大先輩であり親友の言葉として
最後に紹介されていたのが表題の言葉。

親の七光りはいかんけど、
他人の七光りの人生は悪くないぞ!


様々な才能や立場を持った「他人」が
助けてくれたり、支えてくれるような人生。
イコール、仲間が沢山いる人生。


小柳くん!
結局、仕事は人生の仲間作りだよ!
ガハハハハハ!


写真

そんな、藤巻さんの「リアル」な大ファンになりました!

そして、藤巻さんがBONDのスーパーバイザーに
なっていただける!と口約束(笑)してもらいました!
宜しくお願いします!



今回のイベントに、
遠くは熊本市から来ていただいた方等
本当にご参加ありがとうござました!

これからも、皆さんに
刺激ときっかけを与えられるようなメディアで
いられるように頑張ります!





cromagnon69 at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月15日

地方都市の価値観


去る、7月1日。
僕が編集長をやってます、
BOND Vol.07 を、無事刊行しました。

BOND7表紙




























facebook:BONDmag

ありがとうございます。

大反響です。

反響が嬉しいのは、もちろん読者の方々からの
感想やら、嘲笑(笑)やら、お褒めの言葉やらもですが、

さらに嬉しいのは、
掲載した記事先の皆さんからの反響ですね!
ありがとうございます。

BONDも足掛け2年。
7冊作って来ましたが、今回の号のテーマにした

「価値観」

という言葉は、テーマにするには大きすぎる言葉でもありました。


このBONDを出すちょっと前。

博多織を世界に本気で売り込もうと
日々奔走する、岡野社長が
僕とブルックリンパーラーで、
ココナッツカフェ(うまし!)をすすりながら、
こんな話をされたのでした。

小柳くん。
その街の価値観を表す一文字として

京都には 「雅(みやび)」

があり、

東京には「粋(いき)」

があるったい。

この一文字に、それぞれの街の
衣食住の価値観が凝縮されとるんよね。

じゃぁ、博多はなんね?
      ”  


・・・確かに。
仮にも、広告マンの僕は何か言わねばと
頭をぐるぐるさせたが、これが浮かばない。

すると、岡野社長が、

「艶」っていう候補も考えたんだけどね。
かなり良い線ではないかって思うけど、
やはり、ちょっと男性目線なのか・・・。
しかも、「艶やね〜」とか「艶つけと〜」は
完全に方言だしな〜(笑)・・・などと話したのでした。


この会話は、すごく心に残りました。

なぜなら、
福岡で働き、
福岡で飯を食い、
福岡の人と
福岡の街で遊んでいる我々が創る
フリーペーパーというメディアの端くれも、
たぶん、そんな「価値観」に、
知らず知らずのうちに、フォーカスを勝手に
定めて創り出してるのかもな〜
って思ったのです。

もちろん、京都や東京のビジネスマンやメディアが
皆、雅だったり、粋だったりにまみれて、
モノ作りしてるなんて思っていません。

けど、確実に
「福岡でウケてる」という表現
があるように、
この街で、受け入れられたり、指示されやすい何か?

というのがあるのは、間違いないなと
近頃、確信するのです。


「シチズン・プライド」

という言葉が以前、ちょっと流行しましたが、
こういう、平たく言えば「地元愛」的なものを
想像します。

今月は、沖縄や名古屋に出張してましたが、
出張先では、なるべくその街の濃い方に
会わせてもらいます(笑)。
そうすると、すごくこの「シチズン・プライド」の
バランスが分かるのです。

このCMを見てください。
このCMは、うちのクリエイター上野が作った
「沖縄ファミリーマート」さんのCMで、
地元の広告賞を総ナメにした作品です。






あ〜・・・
いいな〜って感じしますよね。

沖縄は家族=ファミリーマート

です。

このCMは、沖縄の方々に「ウケて」いて、
サイトでは、踊りの教則動画まで出現してます:笑。


そうです
これは、沖縄の例ですが、
東京や大阪ではない街=地方都市で、
今後いかに、モノやコトをコミュニケーションして行くか?

ソーシャルメディアが爆発し、
情報伝達速度に差がなくなりながらも
眼前としてある物理的な「地方都市」。
その「地方都市」の現場でのコミュニケーションの秘策を、
本気で整理し、まとめられれば、
かなり貢献できるのではと思うのです。

LINEさんが、キャナルシティさんの横に
ビルをたてる!
という記事を、
かな〜り多くの方が、SNSで上げてらっしゃいました。
皆、うれしい気がしてるはずです。
広島や、札幌ではない福岡なんです。

間違いなく、熱い福岡。

外部からの視線が熱いってことです。

だから、我々は、その視線にこたえるべく、
福岡をもっと刺激的に仕掛けていかねばなりませんね。

色々、福岡以外の人と話すと、
福岡の我々以上に、福岡でのチャンスを
きちんと見極めている方が多い事に、
かなりビビリます。

チャンスを取り合う相手は、
日本中の、あ、いや世界中の猛者たち。


「艶」つけて、また盛り上がらないかんね!







cromagnon69 at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月01日

司会をする人へ(笑)〜モデレーター篇その1


今日の福岡の空は青かったっすね〜。
デニムのいい感じのショーツを探してるんですが
AGのデニムショーツは4万近くもして、
なんかぶった切ってあるジーンズに
4万はなぁ〜と思ってしまう、クロマニヨンです。

さて、そんな夏を前に、またイベントなんかも
色々伊決定してくる感じですが、
今回は、6月12日13日のブログに書いた

「司会をやる方へ」シリーズです。

前回は、自分が足掛け3年やってきた「ヂカギキ」
ベースに、トークイベントにおける

自分 VS 1名

というパターンにおける、僕のノウハウ
(って程、立派なもんじゃないか?笑)を
書きました。

今回は、

自分 VS 複数人

っていうパターンです。


いわゆる、パネルディスカッション的なヤツですね。

昔、皆さんの中にも、学級委員とかやらされると
ホームルームの時間に司会をしなくてはいけない・・。
ということもあったと思います。
しかし、ここで書くのは、それとも違います。

ここでは、聴衆が見ている・・・という前提で、
いかに、わかりやすく、いかに面白くするか?

ということに、主眼があります。

学級委員のそれは、いわゆる
ファシリテーターと言われる方。
つまり、皆の意見を、皆が納得する形で
一つの結論的なものを導き出す方のことですね。


ここでは、いわゆる「モデレーター」をやるときの
僕なりの、ノウハウ(って程のものでは・・・)を
書きたいと思います。



今年、僕はここまで3本の
モデレーターをやりました。

一つは、福岡市が進める
クリエイティブシティ推進事業のイベント
「CREATORS」

このときのお相手は、
リアルフリートの熊本さんと
嘉穂無線の柳瀬さんでした。
ここでは、お二人がパネラーで、僕が司会。

で、二つ目は、下の写真。
同じく福岡市のクリエイティブ都市に関する
「国際シンポジウム」でした。

SYMPO















このときのお相手は4人。
米国、英国、タイ、日本の4カ国のパネラーと
クリエイティブ産業をテーマを話しました。

このときは、もちろん同時通訳さんが入るものでした。


で、一番最近は、先日の「アドテック九州」。
お相手は、錚々たるこの4名。
詳しいリポートはこちら(写真も拝借しました)。

so01












・・・という自慢話はさておいて・・・

ま、これが前のブログで書いたところの、
結起承転結そして結の、最初の結だということで:笑。



ま、皆さんがみんなこうした、モデレーターをやるという
ことはないかもしれませんが、
ここに書くノウハウは、もっと違う場面。。。

つまり、ちょっとした会議で、
複数の代表に意見を聞いていったりする時や、
学校の先生が授業でとか、
もっといえば、子供会の球技大会の打ち上げで
子供達を前に出して皆の前で話を聞くとか、
そういうのにも、な〜んか役立つのではないかと!
(無理矢理:笑)



【そもそもパネルディスカッションって・・・】

皆さんも、その歳(どの歳?)になれば、
一度は、パネルディスカッションを見た事があるでしょう!

今まで見て来たそれらは、
どんな印象だったでしょうか??

普通、イメージ的には、
各ポジションの方々が複数集まって、
一つのテーマについて、意見を出し合う事で
様々な事象を掘り下げて行く!

というイメージがあると思うのですが、
残念ながら、僕は「掘り下げる」のは難しいと思ってます。
一つのテーマを、深く理解するのであれば、
一人の方の深い研究「セミナー」を聞いた方が
絶対に造詣が深くなれると思います。


では、あえて複数人数呼んでディスカッションする!
ということをやることで、僕は、何がおこるべきか?
と思っているかというと、

聞いている人を
気持ちよく混乱させる!


ことだと思っています。

はい。「混乱」するようなトークショーは失敗です。

けど、「気持ちよく」というのがキモです。

聞いている人は、
前に出てる方々の、若干でも、誰かに近いかな?
って思い入れがあります。

今回の「アドテック九州」の僕のセッションには、
「twitter」の味澤さんと
「LINE」の井澤さんが揃うという状況でした。
参加者には、両方使っている人や、片方は使ってる人や
やってないけど、仕事には関係ある・・という人等がいたでしょう。

その人達の前で、二人が発する意見や考えには、
自分のスタンスや経験の中から、
潜在的に、考えを誰かに、投影しながら聞く・・・
というのが、複数ディスカッションの大きな特徴
です。

考えを投影していない方が、
自分の想像や想定を越える発言をすると、
「おお〜!そうなん!」
という「気持ちいい混乱」
がおこる。

そういう局面がいっぱいのセッションができれば、
モデレーターは大成功だという風に考えています。


すいません。
もっと、アカデミックなこうしたセッションでは、
こんな軽い気持ちでやってない!
エンターテインメント過ぎる!
とお怒りのモデレーターさんもいらっしゃるかも
しれませんが、僕は悪しからず、
こういう狙いでやっております!


早くも長くなったので、
今回は、この辺りで。

次回は、

「気持ちよく混乱させる」
ための、具体的に僕が気をつけていること。
やっていること。



を、書き進めます!


お楽しみに!


・・・・・って、
こんなノウハウを、誰が必要としているのか、
やっぱり、自信がありません:笑










cromagnon69 at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年04月10日

陰陽五行論という衝撃


びっくりしました。
福岡の若き経営者やリーダーが、
こういうことに興味を持っていたのかと。


先日、CLUB BONDVOL.03を開催し、
予想を上回る、約140名の皆様と楽しい時間を過ごして
(また、このイベントリポートしますね!)
その一週間後となる、今週12日の金曜日に、
もう一つ、実は(密かに)BOND主催のイベントを企画してるのですが、

それが、これ。

 inyougogyou





























「帝王学としての陰陽五行論」
  本気の勉強会&交流会


最初は、10〜15名くらいで実施しようと思っていたので、
ピンポイントでのお誘いだけさせていただいていたのですが、

開けてびっくり!

すでに50名以上の応募者が集まっており、
迷った末に会場を大きくすることにした。

このイベントの狙いは、
BONDの想いの一つである、ビジネスマン達の成長!

中でも、近頃かなり重要視される「リーダー」というテーマ。

リーダーにとって、最も負荷がかかるものは何だろうか?
そう、「決断」だと思うのです。
余談ですが、こういう話があります。


あのオバマ大統領は、
スーツを黒か紺しか持っていない!


29










画像検索しても、オフィシャルは必ず黒か紺。


なぜなら、シャレにならない決断を、
日夜強いられるオバマさんは、朝のスーツの色を
「決断するまでの時間と精神力」すら惜しいと。


このくらい、決断というのは辛いのです。

その拠り所として2000年以上もの間、
正に武将から、政治家、巨大企業のトップまでが、
最強の教養として受け継がれてきたのが、
この「陰陽五行論」です。

2011年3月11日の出来事を預言したかのような、

北尾吉孝氏の同年1月4日付の「年頭所感」は、

あまりにも衝撃的で、超話題になったこともあり有名ですが、
ここに出て来た「東洋哲学としての陰陽五行論」。

これを理論体系として、
具体的な出来事や人の寓話を含めて分かりやすく学ぶのが
今回のこのイベントです。
講師は、上場企業でもコンサルタントとして
活躍してきた、小池康仁氏。

一年を通して、あなたが「動いてはいけない」時期がある。
一生を通して、あなたが「背負っている宿命」がある。
この国に住む者として、理解すべき歴史の流れがある。

過去が未来を指し示しているというと、
あまりにもスピリチャルでしょうか?

また、さらには、もっとヘヴィでリアルな予測として、
今後の政治や経済、マーケットの同行、
そしてあなたが背負う「宿命」までもが、
この理論で予測できるというものです。

占いの類いかって?

僕もそう思っていました。
けど、一度この話を聞いてぶっ飛びました。

BOND編集長とかって、
一番現実&物質主義の僕が(笑)、
これは凄い!と思って企画した理由は、
今回の90分で語られる内容だけでも、
感じていただけるはずです。

冒頭の「びっくりした」こと。
それは、このイベントへお声がけしていて思ったのです。


うまくいってる経営者や、
僕が、すごいと思っている方々ほど、
「こういうの待っていた!」
「俺も勉強している!」といって
参加表明してくれるという例外なきパターン。



これに驚きつつ、
自分の浅はかさを焦りつつ、

せっかくなので、もっと多くの人や、
開催を知らなかった方へも声をかけてみよう!
ということで、3日前に、ブログにしました。

会費は、10000円と高額です。
(もちろん領収書出します:笑)

しかし、この話と、その後に行う交流会の
イルパラッツォが本気で用意するビュッフェ料理とお酒。
その場には、福岡の経営幹部たちのみが
交流する場になります。

価値は有ります。


何かデカイ自分の中のきっかけが欲しい方!ぜひ!


THE VOICE OF BOND 07
帝王学としての陰陽五行論

[講師] 小池 康仁 氏
[参加資格] 経営者及び経営幹部
      チームリーダー

[日時] 2013年4月12日(金) 
[場所] HOTEL IL PALAZZO

[時間] 19:00(講義 90分)・・・時間厳守
    その後 懇親会22:30終了予定

[会費] 10,000円(FREE DRINK・FOOD)


応募はこちらから!
(追加は最大20名です。先着順にさせていただきますね)







cromagnon69 at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク