iphone

2011年10月12日

そして、スティーブ・ジョブズ師匠へ。






韓国から10月5日に帰国し、まだ抜けきれぬ、
キムチやニンニクの匂いを気にしながら起きた 6日の朝、

「めざましテレビ」の画面に出たニュース速報が、
スティーブ・ジョブズ師匠の死を知らせた。 


へ?もう?


 不謹慎だが、これが率直な気持ちから出た言葉だった。



ジョブズ師匠の死に関するニュースは
沢山報道されたし、アメリカのテレビ局ほどではないにしても
日本のニュースでも、沢山特集が組まれていた。


けど、僕のブログにもまとめておきたいので
書かせてください。
さら〜っと流すには、
ちょいどいい感じになってますんで:笑


・・・・・・・・・・・・・・・・

友人とガレージからはじまる、
アップル社を作る。

1984年。
パソコンの「マウス」を実用化し、
グラフィックユーザーインターフェイス(GUI)と
言われる、今のようなパソコン画面を初めて
製品として、
マッキントッシュを発売したが
その後、あまりに我を押しすぎて、
その、アップルを追放された。

追放された後に「NeXT」というコンピューターを創り、
(こんときも、かっちょよかった!!)
フルCGアニメ映画「トイストーリー」でおなじみの映画製作会社
ピクサー社を創った。

その後、潰れかけのアップルにNeXT社を買収させ、
アップルに復帰。

そして第2の伝説の始まり。

iMac
iPod
iTunes

で、世の中をデジタルが見せる夢と
エンターテイメントの世界に引き込み
2007年に、ついに

iPhone

を発表。

この時のプレゼンが、正にミュージシャンの
ホールライブ並みの盛り上がりで、
何度見てもあきない。

”今日、アップルは
 3つの革命的製品を発表します”


と冒頭で言う、ジョブズ師匠。
そして・・・

いや、動画を貼りましょう。
この計算されつくされた、至高のプレゼンをどうぞ!
(ハイライト部分を!字幕付きっす!!)



そう。ジョブズ師匠は、この時にはっきりと

”スマートフォン”と言ってます。
今じゃ、こんなに普通になっているこの言葉。

僕は、この時、4年前に初めて聞きました。


そして、iPadを。


最後は、亡くなる前日に発表された
「iPhone 4S」

「5」じゃなかったのは、
「for Steve」の略で「4S」だったという噂


・・・も出ていましたね。
そして、ジョブズ師匠は、完全に伝説となりました。


カート・コバーンは、27歳。
フレディー・マーキュリーは、45歳。
ジミ・ヘンドリクスは、27歳。
ジョン・レノンは、40歳。
マイケル・ジャクソンは、50歳。

そして、
スティーブ・ジョブズ師匠は、56歳。


あれ?
なんで、引き合いにアーティストばかり
出してしまったんだろう?

それは、本人以外では、
産み出せないモノが沢山あっただろうに・・・
という悔しさ。


あまりに有名なスタンフォード大学卒業式での
スピーチで、人類の最大の発明は「死」だと語ってた。


けど、「その人」が死んだら、
永遠に何かが終わる・・・ような気がする人は
やっぱりすごい。
同じようなモノも、
なんか本物じゃない気がするのも事実。




神に選ばれし人だった・・・
っていうコメントをしているアメリカ人を
ニュースで見たけど、


神様、自身だったに違いないね。



プレゼンの神様。
イノベーションの神様。

などなど、およそビジネスマンが一度は
言われたいことの、ほとんどを言われまくった
師が残した数々の名言の中で、僕が好きなものを一つ。



美しい女性を口説こうと思ったとき、
ライバルの男がバラの花を10本贈ったら、
君は15本贈るかい? 
そう思った時点で君の負けだ。





まったく違うアプローチを。


これだけは、
働く限りいつも考える様にしたい。



さようなら、スティーブ・ジョブズ師匠。


25歳で、マッキントッシュLC630を買って
実に17年。お世話になりました。
このブログを、MacBook Airで入力しながらお別れです。


最後に、広告マンのブログらしく
彼がアップルに復帰し、
あの「iMac」を出す前年に発表された、僕が最も好きなCM。
日本語版でどうぞ。









cromagnon69 at 02:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月05日

僕が、iPhoneを買わない理由。


先日。
午後からクライアントの所に行き、
打ち合わせを終えて帰る途中のこと。

急に切ないくらいの腹痛に襲われ、
有無をいわず、某ビルのトイレを拝借した。
(食事中のかたご了承を・・・)
 
「ちくしょ〜、何食ったっけ?」
とか思いながら、個室に入って”スタンバイ”して
ふと顔を上げた僕の目に飛び込んできたもの・・・・





thanxhelpme














 

オレよりも切実だったに違いない、
この書き主・・・。

そして、数々のビジネス戦士を救っている、
このトイレの功績をたった一人讃えながら、
僕は静かに携帯のシャッターを切った・・・

このトイレがどこか知りたい人はクリック!
ninki-blog-banner_02
あ、わかんないか。
 
 
 
 

で、本題。

僕が、iPhoneを買わない理由。

iPhoneが発売された時、僕はこう思った。
たぶん、最初に台数はのびるが、徐々に忘れられ
陳化し、国産メーカーがタッチパネルのスゴいの
出して、日本じゃ厳しかった・・・という結果に
なるんじゃないか?と。

そして、それはほぼ現実にもそうなった。
最初は、どこのショップにも品切れ続出。
しかし、メールが特殊だの、価格が高いだの、
電池が持たないだので、なんとなく話題は下火に・・・。

その上、LGからPRADA携帯とか
国産からも同様のヤツが出て、
ま〜こういう感じかなと思ってた・・・。

しかし。
Apple & SoftBankという、2大ブランド。
そんなことではあきらめない。

今年、2月27日から
iPhone for everybodyキャンペーン
ッてヤツを発動。
機種代金実質0円(8Gの場合)という、
最初に買ったヤツの立場などものともしない、
衝撃の戦法を発表。

しかも、電池や不具合とされたことも
改善され、テレビCMの大量投下で、一度は収まっていた
クロマニヨンの物欲 for iPhoneが完璧に復活。

毎日何百個とリリースされている(気がする)アプリ。
たまらない操作性。
どこでもウェッブサイト。
どこでもYouTube。
どこでもGoogleMap。
どこでも無限のスケジューラー
どこでも・・・

しかも、契約時、手出し0円。
2年契約のホワイトプランにすれば、
月々2500円くらい。
もちろん、アルバムジャケットがグリグリ
指先で選べるiPodとしてもフル稼働!


2時間ほど考えて結論。

僕が、iPhoneを買わない理由・・・



そんなものは、無い。


と気づいて、即契約。
 
  


iphoneg3-01














スキンは、SwitchEasy社の”Capsule Rabel""devil"
もちろん、限定版という言葉に、即負けで購入。


iphoneg3-02













 
この赤い部分だけ外れるという芸の細かさ。
ブラック+ブラックのショッカーみたいになります。 

iphone-03






















いくら本で読んでも、
いくら店先のデモをいじってもわからない。
こういうものは買うしか無い。
買って自分でいじって、所有してみて
初めて、
想像の50倍くらいのいろいろなことがわかる。 


最も驚いたのは、

めちゃくちゃ便利だ

ということ。

iphne04














本体下部にある、ステレオスピーカーから流れる
”Anarchy in the UK."を聴きながら、
”文明の進歩”という陳腐で使い古された言葉が、
ちょっと恐ろしく感じた夜だった。


こういう「独り喜び」なアイテムが
マーケットの主役になるんだろうなと。


厳しい時代に、後先考えない消費。

も〜。ちったぁいいやん。
 
 
SwitchEasy CapsuleRebel for iPhone 3G/Devil - Special Pack (PleiadesDirect限定品)








SwitchEasy CapsuleRebel for iPhone 3G/
Devil - Special Pack (PleiadesDirect限定品)

色は、すげぇ種類あります。



この「ちょい悪サラリーマン」(笑)
カテゴリーで、一気に3位に!
あざぁっす!クリックしてください!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


cromagnon69 at 23:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク